LOGICOOL ウェブカム HD画質 C270 を買いました。

カテゴリ: レビュー

記事投稿日: 2019年3月29日



こんにちは。レアジョブでオンライン英会話をはじめました。
最初はものすごく緊張しましたが、講師の方がとても真剣で丁寧なので、今はやる気に満ちています。
3回目のレッスンに入る前に、ウェブカムを初めて買ってみました。

理由は、レッツノートの内蔵カメラでも十分なのですが、いかんせん、13インチのモニタではレッスンルームがやや使いづらいと感じたからです。

レアジョブのレッスンルーム(LR)の画面は二分割されています。
左上にビデオ、左下にテキストチャット、右側には教材が表示されています。
そして、ビデオの領域が結構小さいのですね…。
話すだけなので小さくても良いのですが、テキストチャットの文字がやや小さく、画面が大きいのにこしたことはない、という印象です。

自宅では、HDMI で21インチのモニタとデュアルディスプレイしています。
大きい方のモニタの上にウェブカムをのせれば、大きな画面を使ってレッスンルームを使えると考え、購入した次第です。

では、開封の儀です。

LOGICOOL ウェブカム HD画質 120万画素 C270 01

ロジクールは、昔からお気に入りです。
外付けHDDも、無線のキーボード、マウスもロジクール製。
USBを挿し込むだけで使えます。

LOGICOOL ウェブカム HD画質 120万画素 C270 02

コンパクトです。
画面の上に乗っけるときは、モニタのベゼル部分をはさみこむようにしますが、この時、USBのコードをはさまないように。

LOGICOOL ウェブカム HD画質 120万画素 C270 03

はい、載せれました。

肝心の画質ですが、大きなモニタで見ても、結構きれいです。買ってよかったーと満足しています。
明るさを自動調整する機能がありますが、結構、肌を色白に写してくれるので、女性の方には喜ばれるかも?

また、このウェブカムはマイクを内蔵しており、ノイズキャンセリング機能付き。
試しに Windows の「カメラ」アプリで何度か録画してみましたが、ぼそぼそとした声でも、きちんと拾ってくれました。
動画撮影は、HD 720p です。正直なところ、「ビデオチャット」の役割なら、これで十分だと思います。

YouTube で配信しようと思ったら、若干心もとないでしょう。
その場合は、価格は倍しますが、オートフォーカス機能の付いた上位機種「ロジクール HDウェブカム C525r」や「Logicool ロジクール HD プロ ウェブカム c920r」が選択肢に入ってくると思います。

今回購入したものは、静止画だと300万画素。ウェブ用途で使うなら十分ですが、プリントには若干不向きかと。
ロジクール HDウェブカム C525r」と「Logicool ロジクール HD プロ ウェブカム c920r」は、静止画だと、それぞれ 800万画素、1,500万画素です。

「ビデオチャット」の用途なら、2千円台でノイズキャンセリング機能付きのマイク内蔵、明るさ自動調整付きの HD 720p の動画撮影ができるこの機種は必要充分、おすすめできます。

良い買い物をしました。

引き続き、レアジョブを頑張りたいと思います。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




トップに戻る