マイクロソフト製品のサポート期間まとめ

カテゴリ: windows, セキュリティ

記事投稿日: 2017年2月12日



OS とオフィスのサポート期間

重い、使いにくい、すぐフリーズすると悪名高かった、「Windows Vista」の延長サポートが、2017年4月11日をもって終わります。
また、「Office 2007」も10月10日に終了します。

中小企業では、古いOS、古いオフィスをごまかしながら使っているところもあるかと思います。
が、自社だけでなく、取引先を巻き込んでセキュリティレベルを下げる要因にしかなりません。
できるだけ早い新しいOSへの乗り換え、新しいオフィスへのアップデートを推奨します。

製品 延長サポート終了日
Windows Vista 2017年4月11日
Windows 7 2020年1月14日
Windows 8/8.1 2023年1月10日
Windows 10 2025年10月14日
製品 延長サポート終了日
Office 2007 2017 年 10 月 10 日
Office 2010 2020 年 10 月 13 日
Office 2013 2023 年 4 月 11 日
Office 2016 2025 年 10 月 14 日

※情報処理推進機構(IPA)の資料より抜粋した資料(原本はこちら

Windowsサーバのサポート期間

製品名 リリース日 メインストリームサポート終了日 延長サポート終了日
Windows 2000 Server 2000年3月31日 2005年6月30日 2010年7月13日
Windows Server 2003 2003年5月28日 2010年7月13日 2015年7月14日
Windows Server 2003 R2 2006年3月5日
Windows Server 2008 2008年5月6日 2015年1月13日 2020年1月14日
Windows Server 2008 R2 2009年10月22日

※「Windowsサーバ延長サポート終了と その対策について」より

Visual Studio のサポート期間

Visual Studio については、注意点があります。
最新の Service Pack/Update を適用していないと、早い時期にサポートが終わってしまうのです。

  • Visual Studio 2008/2010 -> Service Pack 1 が未適用だと、既にサポート終了
  • Visual Studio 2012 -> Update 5が未適用だと、既にサポート終了
  • Visual Studio 2013 -> Update 5が未適用だと、既にサポート終了
製品名 延長サポート
Visual Studio 2008 2018年4月
Visual Studio 2010 2020年7月
Visual Studio 2012 2023年1月
Visual Studio 2013 2024年4月
Visual Studio 2015 2025年10月

※「一目で分かる、Visual Studioの各バージョンのサポート期限」より

SQL Server のサポート期間

こちらも、Visual Studio 同様、最新の Service Pack を適用していないと、早い時期にサポートが終わってしまいます。

  • SQL Server 2008 -> Service Pack 4 が未適用だと、既にサポート終了
  • SQL Server 2008 R2 -> Service Pack 3 が未適用だと、既にサポート終了
  • SQL Server 2012 -> Service Pack 1 しか適用していないと、既にサポート終了
  • SQL Server 2014 -> Service Pack を適用していないと、既にサポート終了
製品名 延長サポート
SQL Server 2008 2019年7月
SQL Server 2008 R2 2019年7月
SQL Server 2012 2022年7月
SQL Server 2014 2024年7月

※「一目で分かる、SQL Server 2005~2014とService Packのサポート終了時期」より

メインストリームサポートと延長サポート

よく聞く「延長サポート」ですが、実際、マイクロソフトが製品をサポートする期間はどうなっているのでしょう。
サポートしてくれる期間が短くないのか、などの不満がある方もいらっしゃるかと思います。
調べてみると、製品の発売から「10年」はサポートしてくれる仕組みを持っていることがわかります。
以下の表を見てみましょう。

  メインストリームサポート 延長サポート
期間 最低5年間
(製品発売から)
最低5年間
(メインストリームサポート終了から)
新機能追加 ×
脆弱性の修正
脆弱性以外の修正 ×

※「ESET SPECIAL SITE」より

トータルで10年というサポート期間。人によって、とらえかたは様々でしょう。
しかし家電製品におきかえてみると、「安全に」使えるのは10年くらいと考えると、至極妥当な期間とも思えます。
日進月歩のソフトウェアという製品において、10年前に組み上げられたノウハウが、そのまま半永久的に使えると考えるのもおかしな話です。
まともな企業であれば、まっとうな方法で、計画的に資産管理を行ってもらいたいと思います。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




トップに戻る