Notepad++の使い方 プラグイン導入編

カテゴリ: Notepad++

記事投稿日: 2013年6月18日



プラグインマネージャ

Notepad++には豊富なプラグインがあり、
主だったものは、メニューから選ぶだけで導入できます。
CSSコーディングで便利な「Emmet」も、
クリックしていくだけで導入できてしまいます。

1. プラグインマネージャーの起動

メニュー「プラグイン」→ 「Plugin Manager」→ 「Show Plugin Manager」で
プラグインマネージャーが起動します。

プラグインマネージャ

プラグインマネージャーにはメニューのタブが3つあります。

「Available」…インストール可能なプラグインを一覧で見ることができます。

「Updates」…インストール済みのプラグインで、更新できるものが表示されます。

「Installed」…インストール済みのプラグインです。

2. プラグインのインストール

それでは、プラグインのインストールですが、「Available」で表示されている
リストの中から使いたいもののチェックボックスにチェックを入れ、「Install」ボタンを
押すだけです。

インストールが完了すると、再起動するか聞いてきます。
ですので、プラグインを新規にインストールする前には、
作業を終えておいた方が無難です。

なお、プロキシの設定が必要なネットワークでは、
プラグインマネージャの左下にある「Settings」ボタンを
クリックして、「Proxy address」と「Proxy port」に
必要な情報を設定しておく必要があります。

プラグインマネージャーのプロキシ設定画面

今回は、以上です。
次回は具体的なプラグインの使い方を見ていきます。

← 第1回 Notepad++の使い方 環境設定編    第3回 Notepad++の使い方 プラグインの使い方 →








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




トップに戻る