ラムダッシュのお手入れに純正シェーバークリーニング液(ES006)とシェーバーオイル(ES004)を使ってみた

カテゴリ: レビュー, 身だしなみ

記事投稿日: 2014年10月5日



シェーバークリーニング液(ES006)とシェーバーオイル(ES004)の画像

電気シェーバーを使っていると、どうしてもたまってくる細かいヒゲの切りクズ。
結婚するまでは、正直あまり手入れすることを考えていなかったので、
キレイキレイのような、ハンドソープを刃につけ、
電源を入れて泡立て、水で流していました。
それで十分だろう、と。

Amazonのレビューを見ても、同じようなことを書いている人がいました、が。

メーカーのクリーニング液を使ってみようかなと思ったのは、
その前にシェーバーオイルを買ってみて、ずいぶん感心したからでした。

シェーバーオイル(ES004)の画像

ラムダッシュは、よく剃れるのですが、替え刃が結構高い。
私の使っているシェーバー自体の、価格の40%くらいします。
刃がへたってくるたび(だいたい1年ごと)、
新品に買い替えたほうがいいか、とジレンマに陥っていたものです。

そこで、新品を買うよりは、できるだけ刃を長持ちさせて
使った方がマシだろう、とオイルを買ってみました。
1,000円しない値段で、メーカー純正のものなら、
試してみてもいいかな、と。
それが、Panasonic シェーバーオイル ES006 [HTRC2.1]です。

結果は、すごくイイ、ということでした。
結構、へたっていた刃が、かなり剃れるようになり、
オイルのおかげで、そこから2~3ヶ月は使えました。
さすがメーカー純正だなあと感心して、
クリーニング液も使ってみようとふみきった次第です。

クリーニング液は、もっと安いです。
Panasonic シェーバークリ-ニング液(水洗いのできる電気カミソリ用) 100ml入り ES004

Amazonプライム価格で、2014年10月時点で、444円。
使ってみると、Amazonのレビューに書かれているように、
ハンドソープとは、汚れの落ちが全然違います。
やっぱり、手のあぶらと、顔のとでは、まったく質が異なっているのだと実感できます。
男性だと、中年以降、特にそれが顕著になってきますので、
気をつけないといけないなと思いました。

クリーニング液をつけている画像
少し水でしめらせてから、クリーニング液をつけます。

クリーニング液を泡立てている画像
普通にヒゲそりのスイッチを入れて、泡立てます。
指で二、三回刃をなぞるとよく泡立ちます。

きれいになったラムダッシュの画像
水で洗い流したあと。
以前は水洗いしたあと、かるくティッシュで水気をとっていると、
細かいヒゲがくっついてきました。
手のあぶらと違うので、ハンドソープでは
ちゃんと洗い流せないのです。

純正クリーニング液だと、水をくまなくかけていれば
きれいさっぱり、ピッカピカです。

ハンドソープで洗ったあとは、臭いが残っていましたが、
今はそれも無くなりました。

というわけで、ラムダッシュのお手入れには、
純正クリーニング液とオイルがとてもオススメです。

1,500円ばかりの投資で、快適なシェーバーライフが手に入ります。
20代の頃はまだ気にしなくてもいいかも知れませんが、
30代以降の人にはオススメです。
というか、手入れをする意識に変えていかないとマズイです…w。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




トップに戻る