JavaScriptでオブジェクトを削除するには

カテゴリ: JavaScript, jQuery

記事投稿日: 2013年3月29日



オブジェクトは delete で削除できる、と説明されているところが
多いのですが、実際、消えませんでした。

var positionXY = new Array();
delete positionXY;

上記だと、残ります。
調べに調べると、詳しい記事を発見しました。
『JavaScript の変数と delete 演算子』
http://nanto.asablo.jp/blog/2008/01/09/2552470

以下引用


“ var 文により作られるプロパティは DontDelete 属性を持ちます。つまり、var 文によって宣言された変数は削除できないということです。 ”

参考サイト:Days on the Moon

var を付けなければ、削除することができました。
JavaScriptは奥が深い…。

jQueryは得意なほうですが、どちらかというと
DOMとAjaxのコントロールに特化したフレームワークなんだなあと
分かってきました。

文字列や、オブジェクトの取り扱いに特化した
フレームワークって、こういう場面で使うのですねえ…。

外部のAPIを使う場合は、必須かも。
また時間がある時に、JavaScriptのフレームワークを
たくさん取り入れたいと思いました。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




トップに戻る