JavaScriptの正規表現の書き方

カテゴリ: JavaScript

記事投稿日: 2014年2月27日



便利な正規表現。
慣れている時はいいけれど、少し時間を置くと忘れがちです。

入力された値は、改ざんを十分考慮しないといけないので、
最終的にはサーバサイドでチェックする必要があります。
PHP や Ruby で正規表現を使うのは頻繁です。
フォームの入力チェックなどは、jQueryのプラグインに任せることが多いです。

とはいえ、アプリ関係で JavaScript を使う機会が本当に増えましたので、
すぐ使えるようにまとめておきます。

あわせて、文字の一部を切り取ることも多いので
こちらもメモっておきます。

// JavaScriptの正規表現の書き方

// 元の文字列
var str = "abcdefg";

// アルファベットのみ(大文字小文字どちらも)
if( str.match(/^[a-zA-z¥s]+$/)){
    alert("alphabet");
}else{
    alert("not alphabet");
}

/*
・全て数値(大文字小文字どちらも)
/^¥d+$/

・全て半角の数値
/^[0-9]+$/

・全て半角の整数
/^[-]?[0-9]+(¥.[0-9]+)?$/

・全て半角アルファベットか数値
/^[a-zA-Z0-9]+$/

・全て全角ひらがな、またはカタカナ
/^[ぁ-んァ-ン]+$/

・全て全角ひらがな
/^[ぁ-ん]+$/

・全て全角カタカナ
/^[ァ-ン]+$/

・全て半角カタカナ
/^[ァ-ン゙゚]+$/
*/

あわせて、文字の一部を切り取ることも多いので
こちらもメモっておきます。

var txtString = "abcdefg";
var rltString = substr.substring(0, 3);

// 「abc」が返ります 
// .substr( 0から始まる開始文字のインデックス , 切り出す文字数 )








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




トップに戻る