簡単なソフトウェアのレスポンステストに役立つ「SGウォッチ」

カテゴリ: フリーソフト

記事投稿日: 2014年2月19日



スクリプトの速度を精密にはかる時は、
処理の最初と最後の差を求めてログに出力したりしますが、
本番環境ではそんな処理を入れたくなく、
ただレスポンスが良いか悪いかを気にしている時には
現場でストップウォッチで計ったりします
(実際、そんな業務を現場の指示でやっています…)。

ストップウォッチ。
今時、1,000円もしないし、100円ショップで
購入できるかも知れませんが、PCを見ながら
カチカチするのも何かおかしな気がするので、
ストップウォッチのフリーソフト(Windows用)を
探して、見つかったのが「SGウォッチ」です。

sgw

今回のような、ソフト上の測定で嬉しい機能としては、
測定の「開始方法」と「終了方法」を調整できる点です。

メニューを左クリックして、画面が表示されるまでの時間を
測定したいので、ストップウォッチの開始ボタンをもし
毎回クリックしなければならないとしたら、よっぽど素早く
マウスを動かさなければなりません。

「SGウォッチ」だと、「スペースキー」や「Enterキー」、
「ホイールクリック」などに、開始、終了のキーを割り当てることが
できるので、便利です。

たとえば、マウスでメニューをクリックしたタイミングと同時に
スペースキーで測定開始、画面が切り替わったら、Enterキーで
測定終了、ということができます。

ストップウォッチ系のフリーソフトは多いのですが、
開始と終了のボタンを「左クリック」するものがほとんどで、
その点、「SGウォッチ」は、開始と終了、ラップの操作をクリック以外にも
設定できるため、簡単なレスポンスを測定するにはもってこいだと思います。

精度(小数点以下、小数点以上の桁数)もリストから間単位選択できる点も
ポイントが高いですね。
ヘルプを見ていて発見しましたが、計測のリストのヘッダを右クリックすると
クリップボードにコピーしたり、CSVで出力することもできるので
資料の作成もはかどりそうです。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




トップに戻る