Thunderbird でHTML形式をやめプレーンテキストのみで送受信するための設定

カテゴリ: セキュリティ

記事投稿日: 2017年3月1日



セキュリティに「プレーンテキスト」が有効な理由

HTML メール。
とことん嫌いな人もいれば、装飾がきれいなので嫌いではないという人もいると思います。

セキュリティを高めるためには、装飾が一切ない、「プレーンテキスト」が有効です。

HTMLメールは、外部のプログラムが実行される恐れのある iframeタグ や JavaScript が表示、実行されてしまう可能性があるからです。

社内規定によっては、メーラーは、「プレーンテキスト」の設定になっていると思います。

自分で対応するのメモとして記事にしておきます。

作成(送信)でプレーンテキストにするための設定

2箇所、設定が必要です。

1. アカウント設定 > 編集とアドレス入力 > HTML 形式 のチェックを外す

2. ツール > オプション > 編集 > 一般タブをクリックして、「送信するメッセージの形式を設定します。」の「送信テキスト形式」をクリックする。

「可能な限りプレーンテキストでメッセージを送信する」にチェックを入れる

「プレーンテキスト形式を使用している受信者にHTML形式のメールを送信しようとしたとき:」のリストは、「プレーンテキストに変換して送信する」を選択する。

メールの作成中に形式を変更する場合

オプション > 送信形式 > プレーンテキスト を選択する

受信する時にプレーンテキストにするための設定

表示 > メッセージの表示形式 > プレーンテキスト

今後、バージョンアップによって、メニュー表記などは多少変わってくるでしょうが、送信と受信の両方で設定が必要なことはお分かり頂けると思います。
メーラーが Thunderbird でなくとも、それらの設定が適切であるかを確認すれば対応できるはずです。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




トップに戻る