Notepad++ で tail -f する方法

カテゴリ: Notepad++, PHP

記事投稿日: 2016年11月14日



※ (2016.12.11更新) v7.2.2 になって、「表示」メニューに「ファイル監視 (tail -f)」が追加されました。
以下の記事は、標準メニューにファイル監視がないバージョンでの対応方法になります。


Heroku のログをローカルでモニタリングするサンプルです。

プラグイン「Document Monitor」をインストール

  • 「プラグイン」メニューより、「Plugin Manager」> 「Show
    Plugin Manager」でプラグイン・マネージャを開く
  • 「Availabel」タブより、「Document Monitor」にチェックして、右下の「Install」ボタンをクリック

使い方

  • Notepad++ のルートを開き、ログを書き込むファイルを設置する(C:\Notepad++Portable\logs.txt)
  • tail コマンドで出力先のログファイルを指定する(heroku logs –tail –app hoge-manager-stg > C:\Notepad++Portable\logs.txt)
  • プラグイン > [Document Monitor] -> start to monitor で開始

Notepad++ のルート直下にファイルを置くというのがポイントです。
他の場所においても、モニタリングしてもらえませんので、注意して下さい。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




トップに戻る