人生初のThinkpad(T410s)を落札しました。もうThinkpadしか使いません。

カテゴリ: レビュー

記事投稿日: 2014年7月22日



By: Robert

富士通・オアシス(ワープロ)、Apple Powerbook190c、PowerBook1400、
PowerBook5300、iBook、ASUS Aspire one 722 と、思い返せばそれなりに
いろんなモバイルを使ってきました。

昔のPowerbookは本当にデザインが良くて、使っているだけで楽しかったものです。
今のPCはデザインに魅せられることは、ほとんどありません。
Appleの薄いPowerbookも…。いくら十万円以下になろうが、どれだけ薄くても、
Windowsが動いても、デザインが楽しくない…。
最近のAppleのデザインは、なんだか殺風景だなあと思ってしまうのです。

そんなモヤモヤ感を抱えて、もうデザイン的に面白いと感じられる
モバイルには出会えないのかなと思っていたら、ある日、Thinkpadに出会えました。

モニタが壊れていて、父にヤフオクで売ってもいいよと言われ、引き取ったものです。
電源を入れて、ためしにキーボードを使ってみたら、驚きました。

「打ちやすい…」

こんなに打ちやすいキーボードを持っているノートは初めてでした。

その後、修理の見込みのないその機体はヤフオクでジャンク品として売りましたが、
あのキーボードを持つマシンを使ってみたいという欲求はつのるばかり。

とうとう、i5で4GBで、しかもSSD搭載のT410sというThinkpadを
見つけてしまいました。
14インチのモニタ、DVD-ROM付きで35,000円。

結果。

大満足しています。
何より早い。笑ってしまうくらいです。

DVDを再生してみましたが、実に見やすく、音質も申し分なし。
不安のあったトラックポイントも使いやすく、ほかのPCにはない
独特のキー配列が使いやすくてたまりません。

モニタをとじたその姿は、質実剛健、女性受けはしないでしょうが、
ひさびさにデザインに魅せられました。ひょっとしたら私の好きなデザインって
極められた操作性、機能性なのかも知れません。

発売当時は20万円ほどしていた機体だけあって、高級感があります。
SSDのおかげでさくさく作業ができ、バッテリーも満充電で
1時間40分はまだ使えそうです。

あと、ソフトの動きが良くなりました。
たとえば、エディタのショートカットのカスタマイズとか、
今まで設定してもバグがあるのか使えなかったようなものも、
ちゃんと動くようになりました。

ずっとモバイル(持ち運び)重視で、12インチのノートを中心に使ってきましたが、
スマホとタブレットの登場で、移動中のちょっとした作業ならそれらで十分になりました。

バリバリ安定した仕事をしたいのであれば、14インチのノート、
それもThinkpad以外にはないなと思う今日この頃です。

バッテリがあまりもたないので、工場の中をあちこちウロウロするような人には
レッツノートの方が良いのでしょうが、ウェブ屋で、じっくり腰をすえて
プログラミングや画像修正を行うのなら、やはりこだわるところは
キータッチや操作性だと思います。

以上、個人的な感想ですが、今後はもうThinkpad一本でいきます。

この信頼性。
NASAが宇宙で採用しているというのも頷けます。
ずいぶん回り道をしましたが、使っていて楽しいマシンに出会えたことに感謝です。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA




トップに戻る