ここ数日、ブログのトップページ、カテゴリ一覧ページがおかしかった件(原因は 「DB Cache Reloaded Fix」)

ある日、出向先から本サイトの記事を参照しようとしたら、
トップページが「見つからない」状態になっていました。
時間がなかったので調査せず、二、三日放置していましたが
今日見てみると、titleタグがNothing~と。
DBから正しく情報が取れていないが、個別ページは無事のよう…。

これはキャッシュがおかしくなっていると思いました。
前からキャッシュ系のプラグインを複数、入れていたのですが、
不具合が生じるたびに、ひとつずつ外していました。

最後に残っていたのが、
「DB Cache Reloaded Fix」です。

調べると、以下の記事が見つかりました。
DB Cache Reloaded Fix」を使わないことにしました

さっそく外してみると、たちどころに解消されました。
カテゴリ一覧ページもOKです。

フレームワークを使わず、キャッシュを使ってサイトを高速化することに
取り組んだこともありますが、ブラウザによって挙動が異なったり、
あまりいい思い出はありません…。

今年に入って、スマホ対応にし、デザインも軽量なものに
取り替えたので、今後はキャッシュを使わない方策でいこうと思います。

All in One SEO Pack の使い方

「General Settings」メニューをクリック

①メインページの
title、meta description、meta の設定を行う
※keywordsは不要。
→ 「Home Page Settings」のブロックで設定

②記事に設定されたカテゴリやタグから自動的に
meta keywordsの設定を行う
→ 「Keyword Settings」のブロックで設定
※特に理由がないかぎり、不要なので、チェックを
外すなどして無効化する

③各ページのタイトル設定
→ 「Title Settings」のブロックで設定

※プラグインを導入すると、
各記事の編集画面の下部に設定項目が追加、
ここで設定を行うと、Generalで設定した設定が上書きされる。

④ウェブマスターツールへの登録
「Webmaster Verification」のブロックの
「Google Webmaster Tooles」にウェブマスターツールの
登録で発行された文字列を入力する

⑤トラッキングコードの埋め込み
「GoogleSetting」のブロックで「Google AnalyitcsID」に入力

⑥XMLSiteMapの生成
「Feature Manager」メニューより
Activeにすると、メニューに「XML Sitemap」が追加される

My Category Order の簡単な使い方

カテゴリ表示をドラッグ&ドロップで簡単に並び替えることができる
Wordpressのプラグイン「My Category Order」。

・ウィジェットメニューから、サイドメニューにドラッグすると使えるようになります。
 ※プラグインを導入しただけでは有効になりません。

・既存のカテゴリを取り除いておかないと二重に表示されてしまいますので注意。

・並び替えた後は、「Click to Order Categories」のボタンをクリック、
表示が更新されます。

WordPressへの大規模攻撃への対策

WordPress
By: Heisenberg Media

WordPressのadminユーザに対し、パスワード辞書を使用した
無差別の大規模攻撃が展開されているようです。

防ぐ方法としては、まず今回狙われている管理者権限のユーザ名で
デフォルトとなっているadminを削除する(使わない)こと。

また、WordPressのプラグインで、一定回数以上、
同一ドメインからの誤ったパスワード入力があった場合、
アクセス制限をかけるというものがあるので、
これを導入するのも有効です。
(先日ご紹介した『プロが選ぶWORDPRESS優良プラグイン辞典』にも
セキュリティを高めるプラグインが紹介されています)

adminユーザを削除するのはいいのですが、
そのまま何も考えず削除してしまうと、
adminで作成した記事も消えてしまうので要注意です。

以下に覚書をまとめていますが、実行前には
バックアップをとり、参考にされる際は、あくまでも
自己責任でお願いします。

(1) 管理者権限を持ったユーザーを作成 

(2) adminユーザーをログアウト

(3) 作成した新しいユーザーでログイン

(4) adminを削除する
この時、「すべての投稿を以下のユーザーにアサイン」で、
新しく追加したユーザーを選択する
のを、くれぐれも忘れないこと。

<参考サイト>
全世界のWordPressサイトに大規模攻撃; デフォルトのアドミンユーザ名’admin’がねらわれている
http://jp.techcrunch.com/2013/04/13/20130412hackers-point-large-botnet-at-wordpress-sites-to-steal-admin-passwords-and-gain-server-access/

乗っ取られる前にセキュリティ強化。WordPressのadminユーザーを変更(削除)する方法
http://ushigyu.net/2013/04/13/wordpress-admin-change/

『プロが選ぶWORDPRESS優良プラグイン辞典』を購入しました。

元々、WordPressはカスタマイズのしやすいオープンソースです。
初心者にも扱いやすいPHPを使えるのも利用者を増やしている要因の
ひとつでしょう。

本書によると、プラグインの数は2013年2月現在で、23,000以上に
達しているとか。

私もふだん、ニュースリーダーなどで良記事を見つけて
よそのブログをチェックするたび、
「このサイトもWordPressを使っているな。
このプラグインはすごくいいけど、何ていうやつだろう?」
と思うことがしばしば。

ネットで探せば、いくらでもまとめ記事は見つかるのですが、
長く親しまれている分、結構古い情報もあり、選び抜くのに苦労していました。

また、優秀なプラグインは日本語に対応していないものもあり、
インストールしたのはいいけど、使い方が分からずそのままになったり…。

本書では、最新のプラグインを、分かりやすく、英語のものも
画面キャプチャつきで、丁寧に紹介されています。

ログイン画面のロゴを簡単に変えるものや、
イベントカレンダーの実装など、その他にも保守管理や
ショッピングカート機能など、月並みですが、
「こんなことまで出来るのか!」と驚きました。

それ以上に、きちんとした解説があるので、
「使える」という実感を持つことが出来ますし、
実際、使えます。これ一冊で、WordPressを使った
サービスが展開できるといっても過言ではないでしょう。

春一番、いい本に出会えました。
このブログもどんどん進化させたいと思います。